So-net無料ブログ作成
検索選択
映画・テレビ ブログトップ

ニュータウン物語を見て [映画・テレビ]

 昨日、moblogしたとおり、パルテノン多摩で先行上映されている「ニュータウン物語」を見てきた。
 この映画、たぶん一般的に東京大阪周辺で見る人のイメージとしては、多摩ニュータウンや千里ニュータウンなどの物語を想像して見にいくだろう。しかし、それはちょっと違う、撮影の現場にもなっている、監督の故郷の岡山県の山陽ニュータウンというたかだか6000人規模の分譲地の栄枯盛衰、喜怒哀楽の物語なのだ。
 ニュータウン、私自身も多摩ニュータウン規模を思い浮かべるが、よく考えてみると、この規模だとニュータウンではなくニューシティになってしまうんではないだろうか、複数の市町村に跨り、人口規模も数10万人になる。行政区分では数万人でも町ではなく市になるのだから。
そういう意味からすれば、この映画の山陽ニュータウンはまさしくニュータウンなのかもしれない。
 それと内容についても、たぶん多摩ニュータウン規模を想像していくと、えっ? と思うだろう。大都市近郊の大規模ニュータウンがかかえる問題とは少し違うからだ。簡単に言うとニュータウンという名の新しい町でのオールドビレッジ的な内容だ。
 しかし、見る前の想像とは違っていても、見ているうちには面白くなるし、町の人口構成比が高齢化していくのは、どの規模の町でも、これから先の問題でもあるからだ。

 ついでに書いておくと、先行上映だけの特典なんだろうが、上映終了後の監督と上野千鶴子という社会学者との対談があったが、こちらが一番面白かった(^。^)

newtown.jpg
コメント(5) 

仕事帰りにシネマ [映画・テレビ]

パルテノン多摩でニュータウン物語という映画が先行上映されているので見てみることにした。
もうそろそろ上映開始だ!


コメント(2) 
映画・テレビ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。