So-net無料ブログ作成

やっと他の河川へ [ヤマメ]

 決算で疲れ切っているので、この休みは休養がメイン、土曜はたっぷり寝て、今日も11時前にやっと出かけた。
さぁどこの川へ行こうか?
毎回同じ川では芸がないので、今日はちょっと変えてみた。
3271.jpg
川に降りると早速ライズがあった。
テストフライで18番のスパークルダンをキャストしてみるが反応はない。
よーく水面を見てみると、喰っているのは30番以下のミッジだった。
そんなフライ今日は持ってない。
持っているうちで最小の24番のスペントミッジでやってみたが、Uターンだった。
22番のフェザントテイルでもやってみたが、1回当たりがあったのみ。
かなり山女魚が溜まっているが、ここは諦めて釣り上がることにした。
3272.jpg
フライを16番に変えて釣り上がり開始。
先ほどのプールの少し上の落ち込みで今日初の山女魚が出た。
ちょっと痩せ気味の山女魚だ。
3273.jpg
1尾出れば、だいぶ気が楽になる。
その上でもまた山女魚が出た。
フリーストーンの落ち込み毎にだいたい当たりはあった。
そして、かなりの深瀬、きっとここでも出るだろう?
3274.jpg
やっぱり居ました、ただここで出たのは山女魚ではなく、アマゴでした。
たぶん放流の際に混ざっていた個体だろう。
なんせ、ここはもともと山女魚の渓だからだ。

2時間半ほど釣り上がり、10尾ほど山女魚が釣れた。
途中ライズがある場所では、フライを20番以下に替え、釣り上がりではまた18番か16番に替える。
この繰り返しだった。
コカゲロウのハッチがあっても良さそうなものだが、ハッチしているのは極小ユスリカ、それに黒っぽいカワゲラだった。
多分カワゲラも補食しているので、18番、16番でも出てくれたのだろう。

ちょっと早いが、帰りの渋滞に巻き込まれるのが嫌なので、3時前に川を後にして帰路についた。
nice!(0)  コメント(0) 

山女魚、ヤマメ、山女魚 [ヤマメ]

 墓参りのついでに、また近場の渓へ出かけてきた。
昼ちょい前に到着、それほどハッチはなく、ユスリカは少し出ているだけ。
それでも、前回ライズをしていたポイントは、その僅かなユスリカを食べようとライズしている。
しかし、出かける度に山女魚のサイズが小さくなっている。

3201.jpg
いったいこの細長いプールというか、深瀬には何尾の山女魚がいるのだろうか。
釣っても釣ってもライズが続く。
しかし、20cm以下ばかり。
やっとまぁまぁのサイズが出たのがこれ!
これくらいが出れば、もうこの場所はいいや、ということで、試しに釣り上がりで瀬をやってみた。

3202.jpg
案の定、瀬でも出た。
いくぶん瀬に出ている山女魚のほうが綺麗なように感じる。
フライも20番以下ではなく、16番のスパークルダンでOKだった。
3203.jpg
こんな場所の石の脇やちょっとした深みをフライでトレースすれば、山女魚が飛び出してきてくれる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

暖か過ぎたのか? [ヤマメ]

 今日は、15日に解禁になった郡内の某有名河川、それに忍野と楽しむはずだった。
朝9時過ぎに某有名河川に到着、平日だというのに、結構釣り人がいる。
昨年やったポイントに入りたかったが、既にそこには3人ほどフライマンが入っていた。
しかし、3人とも立ったまま、どうもライズがないようだった。
仕方なく、それよりも規模の小さいプールに移動、最初にライズを見つけたが、ライズはそれきりだった。
3161.jpg
天気が良いから富士山は綺麗だったが、ライズがない。
某有名河川、昨日は解禁日でたくさん魚がいたようだった。
みんな10尾以上持ち帰っていたそうだ。
川沿いに住む人が、そう言っていた。
そのため、昨日たくさん魚が入っていたポイントに今日は1尾しか確認できなかった。
おまけに今日は、最初のライズを見ただけで、まったくライズがない。
餌師も釣れていない。
3162.jpg
ということで、フラフラと魚のいる場所を探し廻っているうちに、変な場所を見つけた。
そこだけはニジマスがうじゃうじゃいた。
餌師の親父が既にやっていたが、「もう飽きたからやるか?」というので、まだ魚も見ていないので、やらせて貰った。
しかし、この場所、ちょっと恥ずかしくて人に言えない(爆)
もちろん、不正行為をしている訳ではないのだが、それでも人に見られたら恥ずかしい場所だった。
結局、ここで20尾ほどニジマスを釣って、やはり私も飽きてしまった。
既に12時をとっくに過ぎていたので、とりあえず昼食にして、13時頃忍野へ移動した。
3163.jpg
忍野に着いてみると、忍野もライズがなかった。
それでも自衛隊橋の前後には10人以上が入っていたが、誰も釣れていない。
下流の旧Fホテル前でとりあえずやってみたが、やはりライズはない。
ハッチもユスリカが少々ってくらいだった。
暖か過ぎて既にハッチが終わってしまったのだろうか?
天気が良すぎるのも考え物だ。
夕方のヒゲナガタイムまで待つほど、今日は時間的余裕がなかったので、後ろ髪を引かれる思いで忍野を後にした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

コカゲロウで思いがけず [ヤマメ]

 解禁になって、まだ山女魚を釣っていないので、今日は山女魚釣りに出かけた。
毎日の仕事で疲れが溜まっているので(朝6時30分から夜は9時過ぎまで実働)、早起きは辛い。
そんな訳で今回は朝寝坊もできる近場の渓へ、近いというのはほんとうに楽だ。
朝9時に起きてから出かけても11時頃のライズタイムに間に合うのだから。
312a5.jpg
何カ所かポイントを見てから、今日はここからやるか! と降りた場所のすぐ上でライズ発見。
予想以上に気温も上がり、コカゲロウがハッチしていた。
18番のオリーブのスパークルダンに面白いように山女魚が出てくれる。
312a1.jpg
小さいのも出るが、だいたいこんなサイズが多い。
これくらいが出てくれれば文句はない。
312a2.jpg
ライズが続いているので、当然12時になんてお昼は食べられない。
13時を過ぎて車を停めてある場所まで戻る。
入渓した場所を覗くと、ライズはないもののまだ魚影は見えた。
312a4.jpg
何でも屋的商店でパンと中華まんを買って、そこの庭にあるベンチでお昼にさせてもらった。

312a3.jpg
15時近く、最後のポイントへ移動、ここもライズはあったが既にコカゲロウは終わり、ユスリカへのライズに変わっていた。
それでも、フライを20番に落とすと堰堤下のプールで山女魚が出てくれた。
これが今日の一番の山女魚。
今日は、尺は出なかったが、これくらいのサイズはいくつも出て、30ほど山女魚を釣ることが出来た。
今シーズン最初のノンビリとした楽しい釣りだった。
nice!(0)  コメント(0) 

バラシ率66%以上 [アマゴ]

 毎年恒例の解禁直後の伊豆詣でに出かけた。例年なら解禁日に出かけるのだが、今年はどうしても休みが取れず、今日になった。
今日は大雪という予報だったので、いつもより早めに出かけた。遅くなって東名が通行止めにでもなったらハッチに間に合わないと思ったからだ。
341.jpg
最初に、昨年の爆釣ポイントに着いた時は、霙混じりの雨だった。
かなり雨が強く、水温も下がっているのか、ハッチはない。
まぁ、早朝だからと、まだこの頃は楽天的。
342.jpg
その閒に支流の上流部に行って釣り上がるかと、移動すると、そこは完全な銀世界だった。
それでもやってみたが、まったく反応はなかった。
343.jpg
それから、また最初のポイントに戻るがまだ何もないので、とりあえず朝早かったので仮眠。
起きてもまだライズはないし、もう昼なので定食屋でランチ。
それでもまだライズが始まらない。
そこで上流の他のポイントへ移動するとライズがあった。
対岸のブロックの際でのライズだ。
ユスリカがメインで、たまにコカゲロウも出ているが、もっぱら喰っているのはユスリカ。
ここで、五つ掛けた、しかし全部途中でバラシた。
344.jpg
もう一度最初のポイントに戻ると一人フライマンがやっている。
ついにライズが始まったのかと様子をみていたが、ライズのあるのは既に入っているフライマンの前だけだった。
昨年は、この場所の流れの筋で上流から下流まで至るところでライズがあったのに。
345.jpg
で、もう今日はボか!! と諦めて帰路についた。
しかし、昨年はライズのなかったポイントをちょっと見てみると、なんとライズがあるではないか。
しかも誰も入っていない。
ちょっと大きめのユスリカとたまにガガンボが出ている。
でっ1頭目で出たのはこのアマゴだった。
クルージングしながら、まるで鯉のようにライズしていた銀毛したアマゴだった。
346.jpg
もう1尾追加して、3尾目は朱点というか赤点というかが、はっきりしたアマゴだった。
最後にもう1尾出たが、またまたバラしてしまった。

結局、今日は、9つかけて、バラさなかったのに3つだけ、なんとバラシ率66%以上だった。
なんで、こんなにバラすんだろうか?
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。