So-net無料ブログ作成
検索選択

盛夏の源流 [イワナ]

080703.jpg

 前々から出かけて見たかった河川の最源流へ山小屋泊で行ってきた!!
当初の予定では、初日釣りをして、2日目はこの国第2位の高さの山に登って帰ってくるはずだった。
しかし、タッチの差で、前を歩いていた釣り人に、入りたかったほうの沢に入られてしまった。
夜、山小屋で沢割りしたところ、翌日は入りたかったほうの沢に入れることになったので、急遽登山は取りやめにして、釣りをすることにした。

このエリアは、かなり手前から一般車は入れないようになっているので、公共交通機関で途中まで行き、あとは片道8.5kmの歩きの先に山小屋はある。
約2時間で歩ききって、山小屋に到着し、早速釣り開始となった。

080707.jpg
この渓は、本来はヤマトイワナの渓だが、過去ヤマトとニッコウの違いが分からない時代に漁協や河川工事の補償としてニッコウイワナが放流されてしまい、それによりほとんどの個体はヤマトとニッコウのハイブリッドとなってしまった。
これは比較的ヤマトの血が濃い個体で、腹も真っ赤っかだし、白斑はあるものの背中にはほとんど無い。

080813.jpg
この沢は、この画像の辺りではまだあまり落差は大きくないが、だんだんと落差の大きなロケーションとなっていく。
先には3000m級の山があり、まだ雪渓も残っていた。

080803.jpg
 これはかなりヤマトの原型に近い個体。
身体に較べてかなり鰭が大きい。

080814.jpg
 滝の上の倒木が隠すように倒れているポイントを狙う!!
大物がいそうだったが、結果は木っ端イワナだった(^^ゞ

080805.jpg
 数は出るが、なかなか良いサイズは出ない。前日やった釣り人がそこまで丹念に探っていたのだろうか?
やっと出たのがこのサイズだった。
次回は、もっと軽快なかっこうでバスから降り、一番でやりたいほうの沢に入って、良い釣りをしたいものだ。



nice!(1) 

nice! 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。