So-net無料ブログ作成
検索選択

まだ春浅い飛越の渓へ [山女魚・岩魚]

052902.jpg
 久々に土日両方休みになり、ちょうど所属するクラブのミーティングが開催されていたので、飛越の渓へと出かけてきた!!
週末まで低温と雨がかなり続いたので、どこへ行っても水が多い釣行だった。

安房トンネルを越えて最初に見た渓は、まだ雪代でガンガンの流れだった。
そこで釣りが出来れば、少しやっていくつもりだったが、無理そうなので、そのまま仲間が待つ渓へと向かった。
着いてみると、そこの渓は水も多くなく、釣りになる状態だったので、早速釣り開始!!
しかし、水温はまだ8℃、朝のうちは魚の活性もまだ低くなかなか出てくれなかった。
052903.jpg
瀬ではまだまだ反応がなく、プールでゆっくり岩魚や山女魚が出てくる状況だった。
それでも魚がかなりいるので、1つのプールで4~5尾釣って、次のプールへ移動するという感じだった。

052904.jpg
関東なら、すごい勢いで出てくる山女魚も、ここではまだゆっくりとフライをくわえてくれる。
まだそれほど釣り人も入っていないのかもしれない。

052905.jpg
サイズ的には、6寸~8寸くらいまでがほとんどだが、お昼までに30尾ほど山女魚メインで釣れてくれた。
シーズンで一番数釣りを楽しめた渓だった。
とりあえず、お昼に集合場所に移動し、午後は別に渓に移動した。

052906.jpg
午後に入った渓は、2カ所とも反応がなかった。たぶん午前中に既に何人かの釣り人が入っていたのだろう。
同じ渓でも人があまり入らないようなポイントに入った仲間はちゃんと反応があったようだ。
安易に道から入りやすい場所に入ったのではやはり午後はダメだ。
この日は、この渓にはかなり釣り人が来ていたので。

夕方、越中の渓へ移動し、釣り仲間の山の家に宿泊して、翌日も越中の渓でやったが、まだところどころに雪が残るところもあり、午前中は木っ端岩魚がやっと出てくる状況だった。
午後からは帰路に着き、途中の信州の渓をいくつか見てまわったが、どこも増水で釣りにならず、そのまま帰宅した。
あと1,2週間すれば、もっと状況は良くなるだろう。
やはり今年は季節の進行が遅れている。


nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。