So-net無料ブログ作成

芽吹いたばかりの高原の渓へ [イワナ]

050102.jpg

 連休前半、やっと桜が咲き始めたばかりの信濃の国の渓へと出かけた。
やはり今年は季節の進行が遅いようで、川もまだ水がかなり多く、例年のようにライズの釣りは思うようにはできそうにない。
とりあえず、お気に入りの渓の少しは水量が減る上流部へ入渓してみた。
050103.jpg
10時頃になって、やっと活性も多少は上がってきたようで、アマゴがフライに出始めてくれた。
ただ、ハッチはユスリカのみで、フライも20番以下でないと出てくれない。
気持ち良く大きめのフライで釣り上がりたいが、アマゴ域ではそれも無理だった。
それでも魚影は濃いので、ポンポンとアマゴが釣れてくれる。

050104.jpg
散々アマゴを釣ったので、13時過ぎにお湯を沸かして昼食にし、その後は確実に岩魚域となる更に上流部へ向かった。
案の定、岩魚のみになり、こちらは16番くらいのフライで釣れてくれる。

050105.jpg
この渓は、もともとはヤマトイワナの渓だが、ニッコウイワナの放流で、既にヤマトイワナはほとんど見ることがなくなっていたが、1尾だけほぼ完全なヤマトイワナが釣れた。
水量が多いので、支流の種沢から落ちてきたのかもしれない。

050203.jpg
2日目は、朝宿泊先のホテルを出て、まずは八ヶ岳を水源とする信州の渓へ移動したが、こちらは更に水量が多く、源流部を釣り上がることが困難、そこで、通い慣れた甲斐の国の渓へ移動した。
到着すると、入ろうと思っていた場所は、既に釣り人だらけだった。
何ヶ所か支流等を周り、やっと人が入ってない区間を見つけ、とりあえず入渓することにした。

050204.jpg
こちらは、前日からかなり釣り人が入っているようで、岩魚の魚影もなかなか見えない。
岩の奥までフライをたたき込むと、やっと出て来てくれるような状況だった。
自分が釣り上がり脱渓すると、既に入渓した辺りには次の釣り人が入っていた。
こんな状況では、岩魚も悠々と淵で定位はしてられないはずだ!!

050208.jpg
イブニングは、少し下った場所にある支流のイブニングポイントへ向かった。
第一候補の場所には、既にイブニングライズ待ちの釣り人が既に陣取っていたので、また移動し誰もいない場所へ!!
しかし、たいしたハッチもなく、ライズもたまにあるだけ。
木っ端アマゴを数尾釣って終わった。
久々に2日間釣りをしたので、けっこう上半身が筋肉痛になっていた。
これからの源流釣行に向けて、少し運動しておかないと!!


nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。