So-net無料ブログ作成
検索選択

ETCの恩恵 [イワナ]

052302.jpg
 土日、祝日ETCで大都市近郊区間以外ならどこまで乗っても1000円となっている高速料金、それを使わない手はないので、土曜日は越の国まで!!
ちょうど、越の国の釣り仲間のとびさんも今月は土日が休みだというので、同行をお願いした。

関越トンネルを抜ける前の上州側はピーカンの天気だった。それがトンネルを抜けると、雨の降る濃霧の中だった。
しかし、ドライに良い時間には、雨もほとんど上がってくれた。
今回は、とびさんの案内で初めての渓へ入る。

052303.jpg
今回入った谿は、入渓点から入ると次の脱渓点まで上がる場所もない場所、入る前に脱渓点まで行き、とびさんの車を置いて、入渓点に戻り入渓した。
雪代は終わって平水になってきているが、まだまだところどころに残雪もあった。
新緑の中の谿上がりは実に気持ちが良い!! 
しかしながら岩魚の反応がどうも悪い。ほとんどのポイントからは何の反応もなかった。
定位するのを見ることもほとんどなかった。
たまに、岸際の緩い場所から反応があるが、どうも木っ端岩魚ばかりのようだった。

052304.jpg
やっと釣れたのは、やはり木っ端岩魚だった。一度だけとびさんに良型が出たが、後はやはり無反応か木っ端の反応ばかりだった。

052307.jpg
ほとんど反応もないので、とにかく脱渓点まで歩くしかない!!
たまにここならもし先行者がいたとしても絶対にやらないだろうと思うような場所のみキャストしてして、やっと20cmクラスが出てくれた。
こいつが出た場所は、ほとんど流れからは隔離された止め水に近いような場所からだった。フライを浮かべておくと、ゆっくりと岩の下から出てきてフライをくわえた。

脱渓点にたどり着いたのは昼近く、途中で昼を食べ、午後は別の支流に入ったが、こちらも反応はほとんどなかった。
イブニングは、関東の某本流でやるつもりだったので、3時頃に越の国を後にして本流に向かった。
本流では、時折夕立のような雨が降る中やったが、結局4つかけたが全てLDRで終わった。
8番のシュティムレーターのフックが折れたのもいたし、4Xをぶっちぎられたのもあった。
とは言え、完全に手元まで寄せられたのはなかった。
今年はどうも某本流のイブニングでは釣れない!!


nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。